Chapter 13- Genki II

アルバイト探し

Looking for a part-time job

Dialogue

  1. John calls the restaurant Little Asia

店長:はい、「リトルアジア」です。

ジョン:私、ジョンワンと申します。アルバイトの募集の広告を見たんですが。

店長:そうですか。じゃあ、会って、話しましょうか。今日店に来られますか。

ジョン:今日はちょっと行けないんですが、明日なら行けると思います。

店長:そうですか。今日はダメですか。じゃあ、あしたの一時ごろはどうですか。

ジョン:一時ですね。わかりました。

At the restaurant

店長:ワンさんはどうしてこのアルバイトに興味があるんですか。

ジョン:おもしろそうですから。いろいろな人に会えるし、日本語も使えるし。

店長:レストランで働いたことがありますか。

ジョン:はい。ウェイターならしたことがあります。

店長:あしたから始められますか。

ジョン:はい。よろしくお願いします。

店長:がんばってください。

Professor Yamashita comes to Little Asia

ジョン:いらっしゃいませ。あ、山下先生。

山下先生:ジョンさん。ここでアルバイトをしているんですか。

ジョン:ええ。一週間に三日働いています。

山下先生:そうですか。どれがおいしいですか。

ジョン:このカレーが一番人気がありますよ。

山下先生:おいしそうですね。じゃあ、食べてみます。


Manager: Yes, this is Little Asia.

Jon: My name is John Wang. I saw your classified ad.

Manager: I see. Well, shall we meet and have a talk? Can you come to the store today?

Jon: I cannot come today, but if it’s tomorrow, I think I can come.

Manager: I see. No good today..All right. How about one o’clock tomorrow?

John: One o’clock. Ok, I’ve got it.


Manager: Mr. Wang. Why are you interested in this job?

John: It seems interesting. I can meet various people; I can also use Japanese…

Manager: Have you worked at a restaurant before?

John: Yes. As a waiter, I have.

Manager: Can you start tomorrow?

John: Yes, I promise to do my best.

Manager: Yes, I know you will do your best.


John: Welcome. Oh, Professor Yamashita.

Professor Yamashita: Jon; do you work here?

John: Yes. I work three days a week.

Professor Yamashita: I see. Which one is good?

John: This curry is the most popular one.

Professor Yamashita: It looks good. Well, I will try this one.

 

(Visited 13 times, 1 visits today)