Japanese women’s Toilet etiquette



Japanese women flush toilets to prevent other people in the restroom from hearing the sound. This is quite interesting because I thought this was a norm everywhere in the world. After living in America for so many years, I still don’t feel comfortable not practicing this ritual which I had done back home. In order to save water, Japanese public restrooms even have what’s called “sound princess”. It’s called “otohime” in Japanese. This sound princess device is spreading rapidly through public buildings and has now become standard equipment for new construction. Japanese women are very embarrassed by the sounds they make in a toilet. Since Japanese women have traditionally flushed several times to cover up their noises, so the Sound Princess is saving water and cutting down on public building operators’ utility bills.

何が何でも音を消したがる、日本女性のトイレ事情

(略)日本に留学中のフランス人のモニク(23歳)は旅行中、都内のファッションビルのトイレで、日本女性(特に若い女性)の変なトイレ習慣を知った。

その日、もにクがトイレに入ろうとすると、隣のボックスに20代の学生がダダッと駆け込んで来た。モニクとその女性は、ほぼ同時にトイレの中へ。問題はその後。

「ジャー!」

入ったとたん隣のボックスから盛大に水を流す音が聞こえてきたのだ。
「えっ、もう終わっちゃったの?」

(略)しかもジャーは、とめどなく続いたからだ。(人が入ると水が流れ続けるようなセンサーでもついているのか?)

狭いボックスの中をキョロキョロしてみたが、見た目にはごくフツーの様式トイレだ。

間もなく、反対側のボックスにも人が入ってきた気配。と、またもや即座のジャーが。。。気がつけば、あっちのボックス、こっちのボックスでもジャージャー合戦が繰り広げられているのだ。

「何かのおまじないかと思いましたよ。」

音をもって音を制する日本女性のトイレ習慣に、モニクはただただ驚くばかり。(略)

そんな日本女性のために、と開発された音消しグッズは重宝がられているが、「音が聞かれちゃいや!」という思考回路を待ち合わせていない外国人は用途がわからず、警報機か何かと間違えて失敗することもしばしばとか。(後略)

(1)あなたが考える「日本人の不思議な習慣」をいくつかあげてください。いつどこで体験したのかも、書いてください。

(2)(1)で書いた習慣について、背景にはどんな理由や、考え方があるのか、クラスで話し合ってみましょう。

(Visited 173 times, 1 visits today)